富里市「富里に新しい政治をつくる会」代表:井上やすし


富里を明るく暮らしやすいまちに!

市民の皆さんは、現在の富里市をどのように考えていらっしゃるでしょうか?

私たちは、富里を明るく暮らしやすいまちにするには、
まず 市民主体の開かれた議会にしなければいけない と強く感じています。

そして、そのためには、議会に対する市民の関心を高め、問題意識を共有する仲間を増やし、具体的に行動する事が大切だと考え「富里に新しい政治をつくる会」を設立しました。
当会の活動を通して私たちの考えを広く富里市民の皆さんに発信するとともに、ご意見・ご提案も積極的に取り入れていきたいと考えています。

地域主権改革が進みつつある今日、まさに地方議会と地方議員の責任と役割が問われています。
「地方議会を改革する大きなチャンス」ととらえ、ともに行動しましょう!!

私たちが今すべき3つのアクション

  我々市民はもっと議会に関心をもって行動すべきです!!

 Action 1 ◎議会を傍聴しましょう。

議会を傍聴しましょう市民に聞かれ見られていれば議員各人が緊張感を持ち、勉強し準備して議会に望む事になります。

市の議会広報やホームページ掲載の議事録からでも概要は確認できますが、生の現場を見る事が大切と感じます。
富里議会を傍聴する方が他市に比べ極端に少ないのはなぜでしょう?

傍聴は市民なら誰でもできます。
また議会中継録画をインターネットで見る事ができます。
議会の様子は1週間位あとで市のホームページ上にアップします
議会は毎年3月、6月、9月、12月開催です。
詳しい日程や傍聴の方法を富里市のホームページから確認し傍聴しましょう。

 Action 2 ◎自分が選んだ議員の言動をチェックしましょう。

言動をチェックしましょう自分が選んだ議員が本当に議員に相応しいか、約束を果たしているか?品行はどうか?確認しましょう。

政治は選ばれた議員だけの責任ではありません。選んだ側との共同責任です。相応しくないと思った議員さんには次回投票しない事です。

本当に富里の将来を託せる人に投票しましょう。その為にも議会の傍聴は大切です。

 Action 3 ◎投票に行きましょう。

投票率を上げれば変化が生まれます。
投票に行きましょう毎度50%に満たないの投票率では固定票が当選を左右し、いつも同じメンバーが選ばれる事になります。

議員の固定化が続くと議会は硬直化します。議会は確かな経験に裏打ちされた議員さんの意見と、新しい発想を持った議員さんの意見を戦わす場所であるべきです。


投票率が上がれば「変化」が生まれる事は、国政選挙で誰もが経験している事です。投票率の悪さは「あきらめ」「無関心」が原因ではないでしょうか。投票率が上がれば真にその議員の主張や政策論が得票に影響します。選挙では必ず投票しましょう。

私たち市民の希望や意見は、請願書や陳情書で議会に提出することもできます。
>>ご意見、ご感想をお寄せください。(井上やすし)

 

#このページのトップへ

 

富里中央公園

議会活動レポート

井上やすしのブログ

ブログ更新情報